読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食育教室 おやこキッチン

東京都台東区にて開講中! 開催予定やレッスンの様子、食育コラムなどをお届けします。

【季節の手仕事】いちごシロップ

季節の手仕事

3月も中旬になってくると、いちごのお値段もようやく落ち着いて来る頃でしょうか?

 

5月上旬頃まで出回るいちごですが、ジャム用の小粒いちごを見かけたらお試し頂きたいのが、いちごシロップ。

毎年、家族で楽しむためと、喜んでくれる友人達へのギフトに何度か作っています。

f:id:oyako-kitchen268:20170308115218j:image

水で割っていちごジュースとして、牛乳で割っていちごミルクとして、暑くなったらカキ氷のシロップとして、お楽しみ頂けます(^^)

子供達も大好きです。

 

着色料など使わない自然のいちごの色だけで、この鮮やかさ。

非加熱のフレッシュなシロップなので、長期保存していると発酵してガスが出てシュワシュワして来ます。(いわゆる酵素シロップと同じです)

時々フタを開けてプシュッとガスを出してあげて下さいね。

 

(レシピ準備中)

 

シロップが出来上がって、取り出したいちごはすっかりエキスが抜けてしまってそのままでは美味しくありませんが、生のいちごと砂糖を足して、美味しいいちごソースやジャムが作れます(^^)

(そのまま煮詰めればジャムに、サッと煮てブレンダーにかけてこしたらソースになります)

f:id:oyako-kitchen268:20170308115419j:image

出来たいちごソースは、ミルクに入れていちごミルクとして飲んでも良いですし、ヨーグルトやアイスクリーム、チーズケーキのトッピングにもオススメです。

濃さを調節して、ボンボンショコラの中に入れたり、お菓子の着色に使うことも。

 f:id:oyako-kitchen268:20170308120247j:image

もう一手間かける余裕がございましたら是非お試し頂きたいのが、いちごバター。

f:id:oyako-kitchen268:20170308115819j:image

いちごソースがまだ温かいうちに、無塩バターまたは発酵バターを入れて溶かしながら良く混ぜ、煮沸消毒した瓶などに入れて粗熱を取り、冷蔵庫で保存します。

トーストやバゲットに塗ると最高です♡

 

旬のいちごですが、そのまま食べて美味しいものは間も無く終了してしまいますので、保存のきくシロップやジャム、ソースにして長くお楽しみ下さい(^^)