読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食育教室 おやこキッチン

東京都台東区にて開講中! 開催予定やレッスンの様子、食育コラムなどをお届けします。

【スケジュール】4〜6月のレッスン予定

いよいよ新学期が始まりますね!

4〜6月のレッスン予定のご案内です。
大変お待たせ致しました!

 

※2017.4.19 時点の空席状況を更新しております。

※全てのレッスンにお子様をお連れでご参加可能です。
※ママクラスは保護者の方向けのレッスンとなり、お子様はお手伝い程度となります。
※おやこクラスへの保護者の方だけのご参加、小学生以上のお子様のお一人でのご参加も可能です。

 

 

【おやこクラス】10〜13時 3,500円
・春の一汁三菜②

あさりの酒蒸し、春キャベツのさっと炒め、たけのこの土佐煮、おみそ汁

4/19(水)  残4席
4/21(金)  残3席

 

・こどもの日祝膳

f:id:oyako-kitchen268:20170405233252j:image
鯉のぼり押し寿司、お吸物、柏餅

4/26(水)  残4席

4/28(金)  残4席

 

・夏の一汁三菜①

f:id:oyako-kitchen268:20170405233410j:image
鯵ご飯、トマトとクリームチーズのマリネ、たたきキュウリ、おみそ汁

5/17(水)  残4席

5/24(水)  残4席

5/29(月)  残3席

 

・夏の一汁三菜②

f:id:oyako-kitchen268:20170411104146j:image
イワシの蒲焼、ワカメとキュウリの酢の物、もやしのナムル、おみそ汁

6/14(水)  残4席

6/19(月)  残4席

6/23(金)  残4席

 

・七夕の献立

f:id:oyako-kitchen268:20170405233552j:image
天の川そうめん、杏仁豆腐

6/28(水)  残4席

6/30(金)  残4席

7/3(月)  残3席


【ベビークラス】10〜12時 3,000円

 

f:id:oyako-kitchen268:20170411104534j:image
・夏の離乳食

6/12(月)  残4席


【ママクラス】10〜13時 4,000円
・未就学児のお弁当

f:id:oyako-kitchen268:20170405233644j:image
混ぜご飯、焼き唐揚げ、簡単な飾り切り

4/15(土)  残4席

 

・卵料理克服

f:id:oyako-kitchen268:20170405233753j:image
出汁巻、薄焼き、オムレツ、茶碗蒸し、カルボナーラ

4/17(月)  残4席

 

・手作りシロップ

f:id:oyako-kitchen268:20170405233939j:image
ジンジャー、うめ、レモンなど

5/8(月)  残3席

 

・お魚捌き… 5,000円

f:id:oyako-kitchen268:20170405234033j:image
鯵の三枚おろしと鯵を使った料理

5/10(水)  残4席

 

・小学生のお弁当

f:id:oyako-kitchen268:20170405234349j:image
肉巻きおにぎり、おにぎらず、サンドイッチ、ほくほくポテトなど

5/15(月)  残4席

 

・ハム、ベーコン

f:id:oyako-kitchen268:20170405234426j:image
手作りロースハム、手作りベーコン

6/17(土) 残2席

 

・おもてなし
ローストポーク、冷製コーンスープ、生ハムと玉ねぎのマリネ、ラタトゥイユ

6/26(月)  残4席


【イベント出店】(予約優先、当日参加OK)

f:id:oyako-kitchen268:20170405234930j:image
・good day 入谷(入谷)

6/10(土)
ラムネ菓子作り、手作りおやつワークショップ、他

 

ロータス寺市(新宿)…5/27(土)
ラムネ菓子作りワークショップ、他

 

 

ご予約、お問合せは

 oyako.kitchen@gmail.com

まで。

 

3日経ってもこちらからのお返事がない場合、メール設定をご確認のうえ再度のご連絡をお願い致します。

ご希望のレッスンが満席の場合でも必ずお返事しております。

携帯電話番号をご明記頂けますと、こちらから確認のお電話をさせて頂けてありがたいです。

 

ご予約お待ちしております!

【食育コラム】あなたの料理下手、道具のせいかも?

お料理に苦手意識を持つ人を1人でも減らしたい!食育インストラクター古谷真知子です。

(普段とは若干異なるテンションでお送りしております。)

 

以前、子育てサイト「Conobie(コノビー)」にてコラムを書かせて頂いていた時に

あなたの料理下手、実はレシピのせいかも? | Conobie[コノビー]

と言う記事を書きました。

その続編です。

 

お料理が苦手な方を減らしたい→お料理の楽しさを伝えたい

 

…と言う事で、お料理が苦手な方はどうして苦手なのか?を日々分析しているわたくしですが、教室に来て下さる生徒様とお話ししたりしていてちょっと気付いた事があるので、書いておきたいと思います。

 

本日のテーマは「道具」!

お料理に必要な道具は数あれど、真っ先に思い浮かぶのはやはり、アレでしょう?

 

はい、正解!

包丁」です!!

 

(合ってましたか?合ってましたよね?)

 

はい、包丁の何が苦手か?

SNSで流行りの1分動画やテレビのお料理番組を見ていると、玉ねぎのみじん切りや人参の千切りがとてもスムーズでトトトトトンとリズミカルで美しいですよね?

動画やテレビに出ている方はプロなので当たり前と言えば当たり前なのですが、いとも簡単にやってのけているので、あれくらい包丁を使えるのが普通、と思っていませんか?

 

「みじん切りもザクザクで大きいし、千切りもまばらに太かったり細かったり全然同じ太さに切れない…私ってやっぱり料理が下手なんだ…」

 

そう思っている方はいらっしゃいませんか?

みじん切りや千切りの美しさは、単なる経験値の差です。

練習すれば上達します。

 

…ですが。

 

「切れない」包丁でいくら切っていても、残念ながら上達しません…

どんなに頑張って切ろうとしても、切れないんですから!

 

その包丁、最後に砥いだのはいつですか?

f:id:oyako-kitchen268:20170403224913j:image

核家族化が進んでいることもあり、ご自宅で包丁を砥ぐ方が少なくなっているようです。

理由としては、

 

・砥ぎ方を教えてくれる人が身近にいない

・そもそも砥石が無いし、砥ぐと言う発想も無い

・包丁を砥ぐタイミングがわからない

 

などがあるようです。(古谷調べ)

かく言う私も、大学入学から結婚するまでは一人暮らしでしたが、包丁を砥いだ事がありませんでした…

(本当にお恥ずかしいのですが、教室を始める随分前の事なのでご容赦下さい。大学生の一人暮らしなんて、毎日包丁使いませんし…言い訳がましくてすみません…)

 

包丁は、砥がなければ切れ味が落ちます。(セラミックや一部特殊な包丁を除く) 

 

ご家庭での使用なら、新品で半年から一年は切れ味がそれなりに続くとは思いますが、毎日使うならプロが砥いでも3ヶ月程度しか切れ味が続かないそうです。

ご自分で砥いだり簡易砥ぎ器を使用しているのであれば、そのサイクルはもっと短くなります。

 

大事な事なのでもう一度聞きますが、

 

その包丁、最後に砥いだのはいつですか?

 

思い出せない方、一度も砥いだ事が無い方、結構多いんじゃないでしょうか?

お料理が苦手だと思い込んでいるのは、切れない包丁で料理をしているせいかもしれませんよ?

 

先日、友人に頼まれて包丁を砥いだのですが、頂いたお礼のメールに

 

「切れ味良くなって何でもスパスパ切れるので、お料理上手になった気分です!」

 

とありました。

 

…それだ…!

 

と、ひらめいた次第です。

いかがですか?

思い当たる節はありませんか?

 

包丁もほぼ毎日使う道具なのに、靴のように気軽にメンテナンス出来るお店が少ないのも原因の1つかもしれません…

(包丁砥ぎ店のチェーン店展開を本気で検討しようかと思っております)

 

もちろんご自身でメンテナンス出来るに越したことはありませんが、忙しい現代人の皆さんはアウトソーシングしても良いと思います。雇用創出にも貢献出来ますしね。

 

と言う訳で、このコラムをご覧の皆様はこれから是非普段お使いの包丁の切れ味をご確認下さいね。

 

トマトやナスなどを切る時に、皮ですべってスッと切れなければ砥ぎ時です。

トマトやナスが切れにくいのではありませんよ?

包丁が切れなくなっているのです。

ネギを切った時に、まな板に面した1番外側が上手く切れずに残ってしまうのも砥ぎ時のサインです。

 

 

さてもう1つ、切れない包丁を使っている人が増えた要因は「まな板シート」の普及です。

100均などでも売っている「まな板シート」。まな板が汚れず便利ですよね。

私も普段のお料理に使っています。

 

…ですが。

 

お料理の時、まな板シート単体で使っていませんか?

あのペラッペラなまな板シートの上でトントントントン切ったらどうなるか…?

 

キッチンの天板(多くがステンレスだと思います)の上で直接切っているようなものです。

ステンレスや鋼をステンレスにトントントントン叩きつけたらどうなりますか?

ステンレスの包丁なら同じ硬さですが、傷付いたり当たり負けして切れ味が悪くなります。

鋼の包丁ならステンレスの方が硬いので、尚更です。

 

ですから、まな板シートを使う場合は、樹脂製でも木製でも竹製でも良いので、きちんと厚みのあるまな板の上に乗せて使いましょう。

キャンプやアウトドアには薄くて軽いので持ち運びに便利ですが、普段のお料理までまな板シート一枚で済ませないで下さいね。

あっと言う間に切れなくなりますので。

 

 

それでは復習です。

 

①包丁がトマトやナスの皮にすべるようになったら砥ぎ時

②まな板シートはまな板に乗せて使う

 

 

良く切れる包丁でお料理しましょうね!

【レポート】春の一汁三菜

春の一汁三菜レッスンの2回目に2歳の女の子がご参加下さいました、ありがとうございます!

f:id:oyako-kitchen268:20170318062950j:image

本日のメニューは…

・鰆の西京みそ焼き

・アスパラガスとしめじのソテー

・新玉ねぎとワカメのツナサラダ

・春キャベツと油揚げのおみそ汁

でした。

 

使用した食材はコチラ

f:id:oyako-kitchen268:20170318063156j:image

身支度を整えて、食材の説明をしてから調理スタート!

食材説明では、新玉ねぎと普通の玉ねぎ、春キャベツと普通のキャベツの違いをお話しました。

 

まずは、サラダに使う鰹節を削ります。

f:id:oyako-kitchen268:20170318063505j:image

箱が透明になっている鰹箱なので、削れていく様子を見られます。

 

次に野菜の下ごしらえ。

f:id:oyako-kitchen268:20170318063411j:image

包丁でサラダの新玉ねぎを薄切りにしています。

アスパラガスの皮をピーラーで剥いたり、お料理は色々な道具を使いますね。

 

野菜の下ごしらえが終わったら加熱調理です。

おみそ汁にみそを溶き入れます。

f:id:oyako-kitchen268:20170318063747j:image

おみそ汁が出来たらアスパラガスのソテーを作って、鰆の西京みそ焼きを焼きます。

全部出来たら盛り付けて、「いただきまーす!」

f:id:oyako-kitchen268:20170318064128j:image

「お魚とっても柔らかくて美味しいですね!いつもこの3倍くらいは固いです…」

「あまり話しませんが、いつもよりたくさん食べてるので美味しいんだと思います!」

「このままホテルの和食のお店で出て来てもおかしくないくらい美味しいです!」

 

嬉しいコメントありがとうございます!

切り身のお魚がふっくらジューシーに仕上がる自慢の逸品です(^^)

喜んで頂けて嬉しいです!

 

 

さて、次回は…

3/13(月)「春の一汁三菜」レッスンです。

まだお席に余裕がございますので、ご検討よろしくお願い致します!

 

 

ご予約、お問合せは…

oyako.kitchen@gmail.com

まで。

 

3日経ってもこちらからのご連絡がない場合は、メールの設定をご確認のうえ再度のご連絡をお願い致します。

ご希望のレッスンが満席でも必ずお返事致しております。

携帯電話番号をご明記頂けますと、こちらからご確認のお電話が出来るので助かります。

【季節の手仕事】いちごシロップ

3月も中旬になってくると、いちごのお値段もようやく落ち着いて来る頃でしょうか?

 

5月上旬頃まで出回るいちごですが、ジャム用の小粒いちごを見かけたらお試し頂きたいのが、いちごシロップ。

毎年、家族で楽しむためと、喜んでくれる友人達へのギフトに何度か作っています。

f:id:oyako-kitchen268:20170308115218j:image

水で割っていちごジュースとして、牛乳で割っていちごミルクとして、暑くなったらカキ氷のシロップとして、お楽しみ頂けます(^^)

子供達も大好きです。

 

着色料など使わない自然のいちごの色だけで、この鮮やかさ。

非加熱のフレッシュなシロップなので、長期保存していると発酵してガスが出てシュワシュワして来ます。(いわゆる酵素シロップと同じです)

時々フタを開けてプシュッとガスを出してあげて下さいね。

 

(レシピ準備中)

 

シロップが出来上がって、取り出したいちごはすっかりエキスが抜けてしまってそのままでは美味しくありませんが、生のいちごと砂糖を足して、美味しいいちごソースやジャムが作れます(^^)

(そのまま煮詰めればジャムに、サッと煮てブレンダーにかけてこしたらソースになります)

f:id:oyako-kitchen268:20170308115419j:image

出来たいちごソースは、ミルクに入れていちごミルクとして飲んでも良いですし、ヨーグルトやアイスクリーム、チーズケーキのトッピングにもオススメです。

濃さを調節して、ボンボンショコラの中に入れたり、お菓子の着色に使うことも。

 f:id:oyako-kitchen268:20170308120247j:image

もう一手間かける余裕がございましたら是非お試し頂きたいのが、いちごバター。

f:id:oyako-kitchen268:20170308115819j:image

いちごソースがまだ温かいうちに、無塩バターまたは発酵バターを入れて溶かしながら良く混ぜ、煮沸消毒した瓶などに入れて粗熱を取り、冷蔵庫で保存します。

トーストやバゲットに塗ると最高です♡

 

旬のいちごですが、そのまま食べて美味しいものは間も無く終了してしまいますので、保存のきくシロップやジャム、ソースにして長くお楽しみ下さい(^^)

【レポート】春の一汁三菜

あっという間に3月も一週間が過ぎますね…

おやこキッチンも春メニューになりました!

 

3歳の男の子がご参加下さいました、ありがとうございます!

f:id:oyako-kitchen268:20170307194125j:image

本日のメニューは…

・メカジキの西京みそ焼き

・アスパラガスとしめじのソテー

・新玉ねぎとワカメのツナサラダ

・春キャベツと油揚げのおみそ汁

でした。

 

身支度を整えて、食材説明したら早速調理に入ります!

f:id:oyako-kitchen268:20170307194413j:image

まずはピーラーでアスパラガスのハカマを取って皮をむきます。

ママの作業を良く見ているようで、初めてとは思えない手つきです!

f:id:oyako-kitchen268:20170307194607j:image

次は包丁で野菜を切ります。

 

加熱調理の合間に、メカジキに塩を振っておきます。

f:id:oyako-kitchen268:20170307194808j:image

高いところからパラパラパラッと!

ムラなく振ります(^^)

塩をしたらしばらく置いて余分な水分を出しておきます。

 

憧れのフライパン「ジュージュー」!

テレビの子供料理番組の影響で、ジュージュー炒めたいお子様が増えているようです(^^)

f:id:oyako-kitchen268:20170307195157j:image

しっかり炒めたら味付けして、他のお料理も仕上げていきます!

食べられるだけ盛り付けて「いただきまーす!」

f:id:oyako-kitchen268:20170307195348j:image

 

お母様「普段はスーパーで漬けられたものを買っているのですが、パサパサで固くて美味しくなくて…でもこれはしっとり柔らかくて美味しいですね!」

お子様「おさかな、おいしいね!」

 

嬉しいコメントありがとうございます!

漬けてから焼くと、忘れて無駄になってしまうこともあるので、買ったその日に食べられる方法をお伝えしております。気に入って頂けて嬉しいです!(^^)v

 

 

さて次回は…

3/10(金)「春の一汁三菜」レッスンです。

まだお席に余裕がございます。

ご検討よろしくお願い致します(^^)

 

ご予約・お問合せはコチラ

oyako.kitchen@gmail.com

まで。

 

3日経ってもこちらからのお返事が無ければ、メール設定をご確認のうえ再度のご連絡をお願い致します。

ご希望のレッスンが満席でもお返事致しております。

携帯電話番号をご明記下さいますと、こちらから確認のお電話が出来るので助かります。

【レポート】手作りハム・ベーコンの会

昨年末に続き、リクエスト頂きました「手作りハム・ベーコンの会」を開催致しました。

 

3歳の男の子と1歳の女の子、5年生の男の子のお母様がご参加下さいました。

ありがとうございます!

f:id:oyako-kitchen268:20170304162638j:image

本日のメニューは…

・ロースハム

・ベーコン

でした。

 

ハムとベーコン、それぞれの下ごしらえと加熱方法をお伝えして、実際にベーコンを燻製しているところをご覧頂き、ご試食頂きました。

f:id:oyako-kitchen268:20170304163124j:image

ご試食のお供として、バタール、カンパーニュ、レタス、キャロットラペをご用意致しました。

f:id:oyako-kitchen268:20170304163143j:image

また、ハムを茹でた茹で汁は美味しいスープになりますので、刻んだ野菜を入れて作ったミネストローネもご用意して召し上がって頂きました(^^)

 

お母様「こんなに簡単に作れるなら家でも出来そうです!」

お子様「サンドイッチおいしい!」

お母様「スープとっても美味しい!本当に味付けしてないの?」

 

口いっぱいに頬張って、リスのようになっていたお兄ちゃんがとってもキュートでした(≧∀≦)〜♡

塩漬けしたお肉の塩分と旨味が出るので、味付けせず刻んだ野菜を煮るだけで美味しい野菜スープが出来上がります(^^)

是非茹で汁も捨てずにお料理にご活用下さいね。

 

ベーコンを燻製するための道具は特別なものを買わなくても、家にあるお鍋や100均の金網などを使って出来るんですよ(^^)

もちろん、本格的な道具があればそれに越したことはありませんが、まずはあるもので作ってみて、頻繁に作るようになったら気に入った道具を揃えるのがオススメです。

 

 

さて、次回は…

3/6(月)「春の一汁三菜」レッスンです。

まだまだお先に余裕がございますので、ご検討よろしくお願い致します。

 

ご予約、お問合せはコチラ

oyako.kitchen@gmail.com

まで。

 

3日以上経ってもこちらからのお返事が無い場合は、メールの設定をご確認のうえ、再度のご連絡をお願い致します。

ご希望のレッスンが満席でも必ずお返事致しております。

携帯電話番号をご明記頂けますと、こちらから確認のお電話が出来るので助かります。

 

【レポート】ひな祭り祝膳

三寒四温の不安定な気候ですが、気持ちの良いお天気になりました。

ひな祭りレッスン2回目に5歳の女の子と2歳の男の子がご参加下さいました。

ありがとうございます!

f:id:oyako-kitchen268:20170302152629j:image

本日のメニューは、、、

・ちらし寿司

・はまぐりの潮汁

・桜もち

でした。

 

身支度を整えて、食材説明をしたら調理スタートです!

まずは絹さやの筋を取ってサッと茹でておきます。

寿司酢を作って酢飯にしたら、具を混ぜて冷ましておきますね。

 

次はちらし寿司の上に乗せる具を作ります。卵を割って、薄焼き卵を作りましょう。

f:id:oyako-kitchen268:20170302152813j:image

パカッと上手に割れました(≧∀≦)b

薄焼き玉子を作る時、破けてしまうとのお悩みを良く聞くので、キレイに出来るコツをお伝えしました。

2人ともキレイな薄焼き卵が出来ましたね!

錦糸卵に切ったら、絹さやも切りましょう。

f:id:oyako-kitchen268:20170302153221j:image

包丁は初めてだそうですが、上手に使えていますね!(^^)

 

ちらし寿司の具が揃ったら、桜もちを作ります。

生地を焼いてくるくる巻いたら、お店で売ってる桜もちみたいになりました!

 

最後にはまぐりの潮汁を作って、盛り付けます。

全部出来たら「いただきまーす♡」

 

お母様「お寿司屋さんの酢飯は食べないのに、この酢飯は食べられました!」

女の子「ちらし寿司が1番大好き♡」

 

嬉しいコメントありがとうございます!

2人ともしっかり集中して調理に取り組めましたね。

 

 

さて、次回は、、、

3/3(金)「手作りハム・ベーコンの会」です。

まだお席に余裕がございます。

ご検討よろしくお願い致します!

 

ご予約、お問合せはコチラ

oyako.kitchen@gmail.com

まで。

 

3日経ってもこちらからのお返事が無い場合は、メールの設定をご確認のうえ再度のご連絡をお願い致します。

ご希望のレッスンが満席でも必ずお返事致しております。

携帯電話番号をご明記下さいますと、こちらから確認のお電話が出来るので助かります。