読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食育教室 おやこキッチン

東京都台東区にて開講中! 開催予定やレッスンの様子、食育コラムなどをお届けします。

【レポート】bean to bar チョコレートレッスン

数年前から流行のbean to bar(カカオ豆から作ったチョコレート)が、おやこキッチンのレッスンメニューに新登場!

f:id:oyako-kitchen268:20170213171241j:image

今年からバレンタイン時期に開催することに致しました。

(こちらのレッスンは4組様以上のご予約で、リクエスト開催も致します。出張レッスンも可能ですので、ご希望があればご相談下さいませ。)

 

子供達が大好きなチョコレートですが、このチョコレートはちょっぴり大人向け。

しっかりカカオが効いています。

 

初bean to barレッスンに2組の親子がご参加下さいました。

ありがとうございます!

 

本日の食材はこちら!

f:id:oyako-kitchen268:20170213171448j:image

カカオ豆はもちろんですが、お砂糖を4種類(グラニュー糖、きび砂糖、ココナツハニーシュガー、エリスリトール)をご用意致しました。

 

まずはローカカオ(発酵、乾燥させた焙煎前のカカオ豆)の洗浄から。

f:id:oyako-kitchen268:20170213171716j:image

大豆などもそうなのですが、豆って意外と汚れているのでしっかり洗浄することが大切です。

と言っても洗剤で泡だらけにするわけではありませんよ。

 

きれいに洗ったら焙煎します。

f:id:oyako-kitchen268:20170213171914j:image

お子様でも安全に焙煎作業が出来るように、レッスンでは手回し焙煎機を使用していますが、焙煎機が無くても焙煎出来る方法もお伝えしておりますので、ご安心下さいね(^^)

 

焙煎が済んだら外皮を剥いて、粉砕〜磨砕します。

f:id:oyako-kitchen268:20170213175014j:image

粗く挽いたものがカカオニブです。

さらに細かく挽きます。

ドライではコーヒー粉くらいまでしか細かくならないので、湯煎で溶かしたカカオバターを入れてさらになめらかにします。

 

液状になったら、砂糖などの副原料を入れて味を決めます。

味が決まったら、型に流し入れて冷やし固めて出来上がり。

f:id:oyako-kitchen268:20170213231059j:image

手順だけ見ると簡単ですね(^^)

 

すぐに食べても美味しいのですが、一週間ほど冷暗所で寝かせて食べるのもオススメです。

 

小石みたいなローカカオが、知ってるチョコレートの形になりました!

 

お母様「bean to bar気になってて、ずっとやってみたかったので楽しかったです(^^)」

 

嬉しいお言葉ありがとうございます!

子供達にも楽しんで頂けたようで何よりでした。

 

 

さて、次回は…

2/13(月)「バレンタインのお菓子」レッスンです。

まだお席に余裕がございます。

ご予約お待ちしております!

 

ご予約、お問合せは

oyako.kitchen@gmail.com

まで。

 

3日以上経ってもこちらからのお返事が無い場合は、上記アドレスからのメールが受信出来るか設定をご確認の上、再度のご連絡をお願い致します。

携帯電話番号をご明記頂けますと、こちらから確認のお電話をさせて頂きますが、まずはメール設定確認のご協力をお願い申し上げます。